新着ラーメン情報

[港区] 鮎まるごとが入った「鮎ゴトラーメン」

二子玉川本店の写真を見た時から、「なんだこのラーメンは!?」と思って、ずっと行ってみたかった「鮎ラーメン」。虎ノ門ヒルズが出来た時に虎ノ門横丁に店舗が入ったということで、少し行きやすくなったので、友人と虎ノ門横丁に行くついでにラーメンも食べてきました。

この店で注文するべきは間違いなく「鮎ゴトラーメン」でしょう。注文を終えてから短時間、わずか5分足らずでその美味しそうな料理が着丼。

その一杯に目を向ければ、思わず微笑んでしまうでしょう…透明で綺麗なスープの中に泳いでいるような鮎の姿が目に飛び込んできます。その上にはネギと海苔、そして焼きたての鮎がトッピングされています。大きな骨は丁寧に取り除かれており、見た目はまるで「開いた」魚が「閉じた」ような印象を与えます。

まず最初にスープを一口試してみると、その独特の風味が舌を撫でます。淡水魚である鮎を使ったスープが、これほどまでに美味しいとは想像を超えています。確かに、海水魚にはそれぞれの旨味がありますが、淡水魚で取る出汁のアッサリとした風味は他に類を見ません。さらに、その淡水魚特有の臭みが全くないのは素晴らしい。恐らく、この高品質な鮎が、その塩ラーメンのクオリティを一段と高めているのでしょう。

そして、「ゴト」の鮎はしっかりと焼き色がついており、身の味がしっかりとしています。これもまた一夜干しを使用しており、その贅沢さを感じずにはいられません。大きな骨が抜かれているので、頭から最後まで美味しくいただくことができます。これは、間違いなく手間と時間がかけられた結果でしょう。

縮れた細麺は加水率が高く、茹で上がりが少し硬めの歯応えのあるタイプ。この麺はスープと共に、鮎を交えながら食べ進めると、その絶妙なバランスに心地よい驚きを感じるでしょう。この麺はただのサイドキックではなく、スープと共に主役となる存在です。途中で鮎を混ぜながら食べると、その絶妙なバランスに満足感が広がります。その美味しさに引き込まれ、麺があっという間になくなってしまいました。

ここでは、その一杯一杯が、調理人の技術と情熱、そして高品質な食材へのこだわりが感じられます。それぞれの一品が、鮎を特色としたこの店の個性とユーモラスさを伝え、食事を通じて顧客に特別な体験を提供しています。この店は、ただのラーメン店ではなく、淡水魚を使った独自の風味を追求する場所であり、その美味しさとクオリティは想像を超えるものでしょう。

鮎ラーメン+ 虎ノ門横丁店

店名鮎ラーメン+ 虎ノ門横丁店
住所東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 3F
営業時間営業時間
11:30〜15:00
17:00〜22:00
定休日無休
支払い方法カード可(VISA、Master、JCB)
電子マネー可
リンク食べログ

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP