新着ラーメン情報

魚の旨みたっぷりの「麺屋 海神」、透き通ったスープは輝くような美しさ。

新宿の駅からほど近くにあるこの「麺屋 海神」では、魚を堪能できる澄み切ったスープでラーメンを味わうことができます。

その味わいは、まさに絶品。大きくはないビルの2階で時間帯によっては、階段にズラリと長蛇の列を作る人気ラーメン店。

暗い階段を2階へと身を委ね、彼方へと駆け登ったその先、「麺屋 海神」があります。入店すると、店内からスタッフの元気よい歓迎の声が響き、待ち時間なく席へと案内されました。

この店の特徴的な一面は、スープに使われるあら(魚の頭や骨)が、大きな半紙に墨で書かれて壁に掲示されていることです。私が伺った日のあらは、真鯛、アナゴ、そして鰤となっていました。

今回のラーメンは、あら炊き塩ラーメンを注文します。場所柄からか、外国人客も多く見受けられました。

わずか10分後、美しい一杯が目の前に。この淡麗な見た目が、本当に美しい。黄金色の透き通ったスープが輝いているようです。表面に微かに光る魚の脂が、このラーメンの香りをより一層引き立てています。口に運ぶと、あらから抽出された出汁が旨味として口内に広がります。

一杯の魅力をさらに深める具材には、ミョウガ、白髪ネギ、ショウガ、そして鱈とエビを練りこんだつみれ、砕いた軟骨を混ぜ込んだ鶏つくねがそろっています。鱈のつみれはふわふわとした食感とプリッとした反発力が、食欲をかき立てます。また、細かく砕いた軟骨が練り込まれた鶏つくねも、そのコリコリとした食感と、つくね特有の味わいが絶妙です。

麺は細麺で、その表面はもちもちとしており、その中心部はパツンとした弾力を秘めています。この独特の食感は、スープとの絡み合いをより一層深めます。

さらに、この美食の旅を引き立てる一品として、焼きおにぎりを追加注文。これをスープに混ぜ込んで食べると、その深みはより一層増し、まさに〆の一杯と言えるでしょう。

このラーメンのスープは、塩味がきつすぎず、まろやかな口当たりが特徴です。この一杯は、語り尽くせないほどの美味しさを秘めていました。

麺屋 海神の塩ラーメンは、見た目の美しさだけでなく、その深い味わいと多彩な食感が一体となっていました。皆様もぜひその美味しさを体験していただきたいと思います。

美味しく頂きました。ご馳走様でした。ありがとうございます。

麺屋海神 新宿店

店名麺屋海神 新宿店
住所東京都新宿区新宿3-35-7 さんらくビル 2F
営業時間[月~金]11:00~15:00・16:30~23:30 [土・祝]11:00~23:30 [日・連休最終日]11:00~23:00
定休日不定休
支払い方法現金のみ(カード不可・電子マネー不可)
リンクオフィシャルサイト
食べログ

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP