新着ラーメン情報

旨くてオシャレな新宿御苑前のラーメン「Rahmen Eddie(ラーメンエディー)」で塩ラーメン!

直近ではないものの半年ほど前くらいオープンした「Ramen Eddie(ラーメンエディー)」。気になっていたので、とうとう行ってきました。

かなり個人的な好みにはなりますが、入店した時に流れていた音楽がチャカ・カーンの「I’m evry woman」。大好きな曲です。とても良い感じのお店です。

「いい感じのお店だな」と思いながら、食券機でメニューを選びます。

塩ラーメン推しのお店なんですね。この日は「特製塩ラーメン」を注文です。

「ネオン系ラーメン」ということなので、ちょっと味は心配していましたが、結果から言うと、とても旨い塩ラーメンでした!

地元の素材を活かし、一杯のラーメンを丹精込めて作り上げる「Ramen Eddie(ラーメンエディー)」。そのフレッシュな地鶏と、香り高い昆布出汁がマリアージュしたスープは、フランス産の岩塩で微妙に調整されています。驚くほどクリアで繊細なその味わいは、塩らしいえぐみや中途半端な飽きが全く感じられません。これまでに経験した塩ラーメンの中でも、その風味深さはピカイチです。

「Ramen Eddie(ラーメンエディー)」では、70年の伝統を誇る菅野製麺所から供給される、太麺、中麺、細麺から自由に選べます。自分好みの一杯を楽しむことができる、まさにカスタマイズの極みです。特に細麺は通常、時間が経つと伸びてしまうものですが、この店ではなぜか最後まで伸びることなく、鮮やかにアルデンテのような食感を維持します。その驚きのテクニックはまさにマジックのようです。

また、飽きることなく食事を続けられるよう、レモンジンジャーオイルやエスニックパクチーオイルといった味変オイルも用意されています。これらの調味料からも、店主のこだわりがひしひしと伝わってきます。

さらに、煮卵やチャーシューといったトッピングも格別。塩が絶妙に利いた煮卵、3種類のチャーシューが織りなすハーモニーは絶品です。

そして、卵の黄身がのったおにぎりも必見。こちらも同様に塩味が効かされており、最後の一口まで美味しさが続きます。

ラーメンもおにぎりもどちらも大満足のお店。その至高の味わいを求めて、また訪れたくなること間違いなしです。

美味しく頂きました。ご馳走様でした。

中華そば 青葉 中野本店(ちゅうかそばあおば)

店名中華そば 青葉 中野本店(ちゅうかそばあおば)
住所東京都中野区中野5-58-1 なかのまるひる 1F
営業時間10:30~21:00
定休日なし
支払い方法現金のみ(カード不可・電子マネー不可・QRコード決済不可)
リンク公式サイト
Twitter
食べログ

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP