新着ラーメン情報

こってりラーメンは、まさに「天下一品」

京都発で多くのファンを抱えている「天下一品」。もちろん私も関西出身ということで、馴染み親しんできたラーメンです。

この「こってりラーメン」は、最初食べた時は私の知っているラーメンとあまりにも違いすぎて驚いたものでしたが、あのこってりスープがクセになる美味しさなんですよね。

食べたくなる時は、「ラーメンが食べたい」と言うよりも「天下一品が食べたいな」となるほどでしょう。

関西には多いものですが、今回の店舗は東京の天下一品 新宿西口店です。

天下一品こってりラーメン!

賑わっている場所なので、いつもお店はたくさんの人がいたり、待ちが数人出たりしています。

それでも、席数も多いので、さほど長く待つということは経験がありません。

注文はもちろん「こってりラーメン」です。煮玉子とチャーシューもトッピングです。

こってりなうえに十分なボリュームですね。

ラーメンの提供は早いです。注文して少し待つと着丼です。

やっぱり出てきた時から存在感がすごいですね。もうそのビジュアルを見ただけで、幾度となく食べた味が思い出されます。

スープを一口飲むと「あぁーーー、これこれ!」というこってり濃厚、旨みの凝縮されたスープ・・・。

そして細めの麺が、トロリとしたスープとよくからんで、まさに逸品の味わいです。

美味しいラーメンは、数多くあるでしょうが、天下一品のラーメンは思い入れもあるからかオンリーワンのラーメンだと思ってます。

創業者の方が大阪万博の翌年に屋台を引いて始めたという「天下一品」。こってりスープの開発に数年を費やしたと公式ページでも紹介されています。

昭和46年、創業者 木村 勉が
屋台を引きはじめ、 3年9か月もの試行錯誤の末に、スープの根底を揺るがす一品を誕生させました。
その名も、「こってり」。

もはや飲み物ではない、濃厚さ。
その原料となる主な食材は、鶏がらと十数種類の野菜。
こってりとしているがしつこくなく、味わい深いこのスープに、多くの人が心を掴まれました。
半世紀も前にこの「こってり」というジャンルを創造した木村 勉は、
食文化に金字塔を打ち立てたと言っても過言ではありません。
このスープをどこまでも守りぬくこと、これが天下一品のプライドです。

https://www.tenkaippin.co.jp/commitment/

本当にいつまでもあのこってりスープを味わっていたいものです。

そして、天下一品のラーメンは食べ進めて、スープを飲み干すと出てくる「明日もお待ちしてます。」のホスピタリティが示すメッセージ。

なかなか2日連続で行くことはないですが、「このメッセージはやっぱり見ておかないと」と思いますね。

行くと常に高い満足感を抱かせてくれる「天下一品」のラーメン。本当に大好きです。

美味しく頂きました。ご馳走様でした。ありがとうございます。

天下一品 新宿西口店

店名天下一品 新宿西口店
住所東京都新宿区西新宿1-15-8 アトラス西新宿ビル 1F
営業時間[月~金]10:00~翌3:00(L.O.翌2:45)
[土・日・祝]10:00~24:00(L.O.23:00)
定休日無休
支払い方法現金のみ(カード不可・電子マネー不可)
リンクオフィシャルサイト
食べログ

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP